店舗営業時間:9:30-17:30
店舗定休日:日曜日(祝日営業)
TEL:052-671-2110(9:30-17:30)
ギャラリーのご案内
現在開催中
「 『革風の紙、和紙、紙袋から作った財布、ご朱印帳入れ等』
手に取れる作品展 」  折人 -OribitO- ヘッドファシリテーター 木村俊平

12月11日 ( 火 ) ~12月25日 ( 火 )16:00まで

スキバルテックス(革風の紙)、和紙、紙袋から折った折財布、長財布、ご朱印帳入れ、小銭入れ、名刺入れ等のあったら 便利だなという機能を盛り込んだ実用小物の展示を行います。
店頭にてスキバルテックスをご購入頂き、小銭入れを作成するワークショップもギャラリーにて開催致します(参加費 ¥1,000)。ワークショップは 12/11(火)、12(水)、24(月)、25(火)の 4日間。各日午前の部 10:00 ~、午後の部 14: 00 ~ 随時開催しております。
ECAJ では、技術普及を目的として実用小物の作り方の動画配信、アドバイザー、クリエイター、ファシリテーターの育成(認 定)を行っております。 http://ecaj.org < お客様企画展 >

「楽しいを考える!シイングの紙商品from美濃」

3月12日(火)~3月30日(土)

岐阜県美濃市で美濃和紙の産地問屋を創業して気づくと150周年超。
現在はポチ袋などを中心に商品制作をしておりますが、小さい会社ですので自分が楽しくて皆も楽しくなれるといいなぁ、、という商品を作ってます。商品開発の根底には問屋として培った紙の魅力だったり、他社が絶対やらないような加工方法を自ら模索した部分が、紙好きには堪らない!、、ハズです。
「ほっこり」「笑える」「へぇ~」という皆様のお言葉を頂けるような商品を展示販売致します。

「 なごや折り紙建築展 」 筧清澄+村瀬良太

2月19日(火)~3月9日(土)

まるで 仕掛け絵本のように建ち上がる 紙でできたレトロな建物や橋たちを「折り紙建築」といいます
小さくてかわいくて どこかなつかしい
そんな 「折り紙建築」に会いに来ませんか?
手にとると 建物たちの囁きが 聞こえてくるかもしれません

「 懸賞達人”なお妻”の創作デコハガキ展 」

2月4日(月)~2月16(土)

皆さんは「デコハガキ」という言葉をご存知でしょうか?
デコハガキとは普通のハガキを紙やテープでデコレーションしたハガキのこと。このデコハガキ、普段のハガキにお使い頂けるのはもちろん、懸賞用のハガキに使えば、当選確率がグッと上がる、夢のハガキになるのです!!
今回の展示では『懸賞 当てるコツ&裏ワザ100』でも特集を組まれた、東海地方在住の懸賞達人「なお妻」が、選りすぐりのデコハガキを展示致します。
2/9(土)10:00~には、なお妻が実際に来店し、デコハガキ作りや懸賞応募のコツを皆さんに伝授致します。 どうぞこの機会をお見逃しなく!

「 紙の温度 講師作品展 」

2019年1月4日(金)~1月26(土)

紙の温度の教室全12講座、11名の講師の方々による作品をギャラリーでご紹介致します。
普段はなかなか目にすることの出来ない各講師の方々の作品を一同に見ることの出来る絶好の機会です。
何かお稽古事を始めたいという方、必見です。(敬称略・教室名五十音順)

<日本の伝統工芸教室>   <西洋の伝統工芸教室>  
・王朝継ぎ紙 古池則子 ・カリグラフィー 加藤博子
・かけじくアート 加藤和子 ・カルトナージュ 市来節子
・和紙絵 高橋和子 ・クイリング 日名子豊美
・和紙画&形絵刷り・伊勢型紙彫刻画 六谷春樹 ・フランス額装 北野三希代
・和紙スイーツ 倉美紀 ・ラッピング 山田てるみ
    ・ルリユール(ヨーロッパ手製本) 小澤眞美子